3月, 2015年

取りあえず

2015-03-23

・取りあえず週末が来たから彼と会おう・取りあえず彼からメールが来たから返しておこう・取りあえずそろそろ私から連絡をいれても良いだろうからそうしておこうそんな「取りあえずだらけ」の付き合いになり始めていた私たち。彼は私に対して真摯に向き合ってくれていたので、そんな思考はどこにも無かったと思います。

付き合い始めて長くなっていた私たち。きっと心のどこかで「多少のことがあっても別れることは無いし、彼が私を嫌うことも無い」なんていう考えがあったのでしょう。

そして、そんな考えがあるからこそ、「取りあえず」という思考を持っても彼がそれに気がついたとしても何も言わないというおごった気持ちがあったのだと思います。彼に対してもそうですが、自分自身にとって出会える逆援掲示板人気Rankingが楽しくて幸せなものとしては考えられなくなっていきました。

上のような考えを持っているのですから当然ですよね(苦笑)私は徐々に彼と会う時間を減らして友達と遊ぶことを優先させるようになっていきました。そんな日々を数ヶ月続けていたのですが、私の態度の変りぶりに彼も思うところがあって当然です。別れを切り出されました。慌ててしまったのは私のほうでした。

別れを告げられて初めて彼への思いに気がついたのです。しかしもう、時は遅すぎたようです。

Copyright© 2014 テレクラ情報サイト~hihumiyo-operacity~ All Rights Reserved.